ダイエットや美容に効果的な運動を継続して行う方法

運動は健康にいいのはもちろんのこと、ダイエットや美容にも効果的です。

美容のためにダイエットを心がける人も多いでしょう。

しかし、実際に運動を行う中で長続きせずにやめてしまうこともあります。

運動は継続することでダイエット効果が上がり、美容にもいい影響を与えます。

運動の継続方法や最も効果が現れる方法にはどのようなものがあるかを考えてみましょう。

有酸素運動と無酸素運動とは

体を動かすことが苦手な人にとって、一定時間を継続して運動することは簡単なことではありません。

また、頑張って運動しようと思うあまり激しい運動をしてしまい、途中で嫌気がさしてしまうことも多いです。

運動を継続するためには、自分に合った運動をすることが必要です。

運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。

有酸素運動は、ジョギングやウォーキングのような一定時間の継続した運動になります。

体内の脂肪や糖質をエネルギーとして使用するためダイエットに有効です。

有酸素運動は自分のペースで行うことができるため、体を酷使することなく効率的に体を引き締めることができます。

それに対し無酸素運動は、筋トレや短距離ダッシュのような瞬時の激しい運動になります。

運動中は苦しさがあり、運動後も息づかいが荒くなるような体の動かし方です。

無酸素運動は基礎代謝をアップさせ、体を若返らせることにつながる運動です。

基礎代謝がアップすることは痩せやすい体を作ることになるため、有酸素運動と共にダイエットに効果的です。

有酸素運動と無酸素運動を上手に組み合わせることが効果的

ダイエット効果や美容効果を最大限に引き出すためには、有酸素運動と無酸素運動を無理なく組み合わせていくことが必要になります。

脂肪や糖質の燃焼と燃焼しやすい体づくりの両面からアプローチしていけば、よりダイエット効果が上がっていくでしょう。

健康的なスタイルは見た目にも綺麗ですし、運動することによって体の新陳代謝が活発になるため肌の調子も良くなります。

但し、有酸素運動に比べて無酸素運動は苦しさを伴いがちです。

特に女性は無酸素運動の苦手な人が多く、無理してしようとすると運動自体が嫌になってしまうことがあります。

無理な運動は辛いですし、体を酷使して痛めてしまったら意味がありません。

有酸素運動の中で、無酸素運動を上手に組み入れることが高い成果を収めるポイントです。

有酸素運動を中心に行っていくといいでしょう。

有酸素運動はジョギングやウォーキングが代表的なものですが、ジョギングがしにくい場合は、ウォーキングでも十分に成果が出ます。

目的意識がなくただ歩いているという状態では長続きしないこともあるため、日常で用事を作って歩いて目的地まで行くということを心がけていくと無理なく実行が可能です。

休日にはジョギングコースを軽く走ってみてもいいでしょう。

そういった有酸素運動の合間に、ちょっとした筋トレなどの無酸素運動を取り入れれば、体がほぐれている状態であるだけにそれほど苦痛なくできる場合があります。

※プロのスタッフがしっかり指導するおすすめの痩身エステ

まとめ

有酸素運動が主体で、無酸素運動は気が向いたら取り入れるという程度の気持ちでいれば、運動の苦手な人でも苦痛なく継続することができます。

無酸素運動といっても苦痛の大きなものではなく、あくまで自分が実行可能な範囲の中で行えばいいでしょう。

もちろん有酸素運動だけでも効果はありますが、無酸素運動を組み込めばさらにダイエット促進や美容効果が高まっていきます。