医療クリニックと脱毛サロンの脱毛の違いを理解して選ぼう

医療脱毛は痛いけれども1年で脱毛が完結し、脱毛サロンは痛みが少ない代わりに3年近く脱毛にかかるという違いがあります。

しかし、実際には肌質に合わせて選ぶことも重要であって、単に痛みに耐えられるかどうかで決めるものではありません。

医療脱毛は医師による診察と対処が常に可能

医療脱毛クリニックへ行けば、5回の施術で多くの人は全身脱毛が完了するので、2ヶ月に1回のサイクルならば1年掛からずに全身脱毛を仕上げることが出来ます。

通う回数が少ない分だけ、日頃忙しいために定期的に何年も通い続けることが難しい場合には、医療脱毛を選択するメリットがあるわけです。

痛みに対しては、場合により局所麻酔剤を使用することも医師の診察により可能となるので、どうしても痛みに耐えられなければ遠慮せずに医師へ申し出ると良いです。

初回診察時に申告しておけば、テストショットを受けることが出来る医療脱毛クリニックもあるので、試しにどのくらいの痛みなのか知ることも出来ます。

脱毛サロンは予約変更の自由度が高い

脱毛サロンで使用されているレーザー脱毛器は、医療用よりも法律の規定に基づき出力を抑えてあるので、脱毛というよりも減毛という表現が正しいです。

レーザー出力を抑えてある分だけ毛母細胞に与えるダメージ量は少ないものの、広範囲へ一度に照射出来るメリットがあります。

あまり紹介されることはありませんが、生理周期が不安定な人でも安心できる予約変更制度が充実している脱毛サロンが多いことを知っておくと良いです。

前日迄に連絡をすれば、ペナルティー無しで脱毛を受けられる制度がある脱毛サロンは、逆にキャンセル待ち予約も入れることが出来るので、双方にメリットがあります。

2年~3年間繰り返し通うことになる脱毛サロンは、全国展開している所が多いので、転居時に別の店舗へ転籍出来る点も嬉しい所です。

医療脱毛クリニックには無い自由度の高さをメリットと捉えることが出来れば、脱毛の選択肢に入ります。

まとめ

医療クリニックと脱毛サロンは、医療行為と施術行為という違いがあるので、最初から脱毛を目的とする医療クリニックと減毛を目的とする脱毛サロンでは向いている方向性が異なります。

医療クリニックはリスク管理と少ない施術回数により脱毛を目指しているわけです。

一方、脱毛サロンは美しくなるための手段の1つとして減毛施術を繰り返し行うので、通いやすさと予約変更の自由度にも特徴があります。

期間が長い分だけ転居時の対応も脱毛サロンは充実しているので、長期間安心して通うことが出来ます。

※低価格で医療脱毛が受けられるレジーナクリニックの口コミ、効果、料金